Ritter Energie- und Umwelttechnik 

In 1986, the devastating aftermath of the Chernobyl nuclear reactor disaster was the beginning for today's Ritter Gruppe. In Turkey, the Ritter Sport chocolate hazelnut crop was contaminated. Finding alternative and renewable energy sources to overcome reliance on nuclear energy was the motivation for Mr. Alfred T. Ritter and Klaus Taafel to establish the Paradigma Energie- und Umwelttechnik GmbH in 1988. Today, the company and brand Paradigma is the largest supplier of energy systems for solar water heating and heating support within the residential sector in German. The company and brand Ritter Solar is the largest supplier of evacuated tube collectors with and without CPC-reflectors within the OEM-Business. Since Germany is the largest solar thermal market and the largest evacuated tube collector market in Europe, with our two brands Paradigma and Ritter Solar, we are the German market leader. The company's product portfolio encompasses the three business areas solar, wood and gas, where the business area solar is our core business. With our partner Linuo Group, we founded the joint venture Linuo Paradigma in 2001: the best Sino-German joint venture in the solar thermal market and among the top 5 brands in China as the largest evacuated tube collector market worldwide.

 

わたしたのチャレンジ

三つの会社、三つの創業歴史、一つの目標: それはエネルギーの利用効率を高めることと

再生可能エネルギーの利用の国境線を越えて普及していくことです

私たちの会社創業沿革をどうぞご覧になってください。

 

1986

チェルノブイリ原発事故

1988

パラディグマエネルギー&環境工学

1998

パラディグマ社のイタリア支社設立

2000

リッターソーラープロダクションファシリティーズ

2001

中国との合弁会社―リノパラディグマを設立

2009

リッターエネルギー&環境工学

パラディグマ支社を複数設立

2010

リノリッターインターナショナルを設立

リッターXLソーラーを設立

REGASOL USAを合併してLinuo Ritter Internaionalに支社にしました。

チェルノブイリ原発事故

トルコでは、「リッタースポーツ」のチョコレートに食材であるヘーゼルナッツの収穫は、チェルノブイリ原子炉事故の壊滅的な余波による汚染されました。これはリッターグループが環境事業を始まったきっかけでした。

パラディグマエネルギー&環境工学

原子力エネルギーへの依存を克服するためには、代替および再生可能エネルギー源の利用を普及する必要があるだとMr.Alfred T Ritter(ドイツのチョコレート会社リッタースポーツの会長)とKlaus Taafelが認識しました、そして1988年にParadigma Energie- und Umwelttechnik GmbH & Co. KG(現在のParadigma Deutschland)を創立しました)。

1989年にParadigmaというブランドでドイツ市場に参入し、高効率凝縮ガスボイラー、ソーラーテクノロジーにて加熱サポートを実現するのマイルストーンです。

現在の状況
パラディグマはドイツおいては太陽熱給湯と家庭向け加熱をサポートするエネルギーシステム最大のサプライヤーです。

パラディグマ社のイタリア支社設立

ドイツ国外初の支社を設立しました、そして今のイタリア支社はイタリア市場に三つの個会社を設立しました、それぞれはTeco Service Srl,、Revis Srl と ecoCompactです。

リッターソーラープロダクションファシリティーズ

ヨーロッパでは一番大きい真空二重ガラス管型集熱器OEM加工メーカー「リッター ソーラー」というブランドであります。

中国との合弁会社―リノパラディグマを設立

中国最大のガラス管メーカーであるリノグループはドイツ市場リード社であるリッターグループと合弁で各出資50%で設立したのです、中国は世界最大の真空管市場であります、リノ パラディグマは中国山東省の済南市に位置し、中国のトップブランドで、トップクラスのエコテクノロジーエネルギーメーカーであります、太陽熱利用業界で代表的な成功された国際合弁企業であります。

* 前身はパラディグマ エネルギー&環境工学

リッターエネルギー&環境工学

Ritter Energie- und Umwelttechnik GmbH & Co. KGは持株会社です
现在の状况
ドイツはヨーロッパでは一番大きい太陽熱利用市場と真空二重ガラス管市場なので、
リッターグループその二つの国際ブランドであるパラディグマとリッター ソーラードイツ市場のリード社であります。

パラディグマ支社を複数設立

Paradigmaドイツ
Paradigmaオーストリア
Paradigmaスイス
Paradigmaハンガリア
Paradigmaベネルクス
Paradigmaイベリカ
Paradigma Ibérica

リノリッターインターナショナルを設立

リノ パラディグマ100%出資子会社であります、リッターグループとリノ パラディグマ両社のソーラーテクノロジー製品の販社です。(販売地域はヨーロッパと中国を除く)

 

リッターXLソーラーを設立

リッターXLソーラー社は、将来性が考えられる"大規模な太陽熱システム"のために設立されました。今では、Paradigmaドイツのかつての"XLソーラー部門では、"すでにその中で世界的に三大真空管のコレクターがインストールされている場合に、100件以上の大規模な太陽熱システム実績を設置しました:

  • オーストリア、ヴェルス:Fair trade Wels,3.683 m²*
  • ドイツ、エスリンゲン:Company Festo, 1.330 m²*
  • トルコ、イスタンブール:Company Metro Istanbul, 1.031. m²*

ビジネスフィールド:CPC-リフレクター有りと無し両タイプの集熱器、プロセス温度が50から120℃ まで加熱できるアクアシステムと真空管式集熱器。

*クロス集熱器エリア

REGASOL USAを合併してLinuo Ritter Internaionalに支社にしました。

REGASOL USAを合併してLinuo Ritter Internaionalに支社にしました。